1. ホーム
  2. プラダンとは?

プラダンとは?

  • プラダン

プラダン加工専門工場で
あらゆるニーズにお応えした製品を
制作致します!

プラスチックダンボール(プラダン・段プラ)はポリプロピレン樹脂(PP)を原材料として製造されています。中空構造により軽さと強度を両立した、コストパフォーマンスに優れた素材です。プラダンを使用した梱包箱は作業員の負担の軽減や、輸送コストの削減に貢献できます。さらに、耐久性、耐水性、断熱性、耐薬性を持ち合わせておりますので、工場内での保管箱、通い箱、精密機器ケース、養生シート、ディスプレイ看板まで用途は無限大です。 

プラダン(段プラ)3つの特性

  • 中空構造

    中空構造(ハーモニカ状)により、軽さ・鋼性・耐久性・断熱・遮音効果に優れています。

  • 軽量

    プラスチックダンボールは中空構造により軽さを実現しています。プラダンを使用した箱はプラスチック成形コンテナに比べ 軽量ですので、女性作業員に使い勝手が良いと大歓迎されています。

  • 耐久性

    プラスチックダンボールは紙ダンボールの数十倍の耐久性があります。ヒンジ耐性はなんと20万回以上になります。さらにプラスチックダンボールは重さや水・熱に強く、繰り返し使用することにより経費削減に大きく貢献します。
    ※耐久性は使用状況により異なります。

プラダン(段プラ)5つの強み

  • 二次加工しやすい!

    プラダンはカッターナイフなどでカットできるくらい、取り扱いが容易な素材です。
    ヤマコーでは専用の加工機械を用いて断裁加工・熱曲げ加工・融着・印刷などの各種加工を高精度で施すことが可能です。

  • 何度も使えて費用対効果抜群!!

    プラダンの単価がダンボールの10倍だとしても、丈夫な素材であるプラダンは10回以上の使用が可能ですので、
    梱包資材の経費節減・コストパフォーマンスを高めたいと考えているお客様にはオススメ商品といえます。

  • リユースでとってもエコロジー

    プラダンはリサイクル・リユースに優れた商品です。
    回収されたプラスチックの廃材は粉砕され、燃料として、また新たなプラスチック製部材として再生されることもあり、
    様々な形で有効活用されます。現在、廃棄物削減の為に大手メーカーを中心に導入が進んでいます。

  • 軽量な養生シートとしても大活躍!!

    中空形状は耐衝撃性もありますので、引越しや建築現場などで養生(保護)資材として使用されています。
    ヤマコーでは養生用プラダンシート・クッション付きプラダンシート・罫線入りプラダンシート養生用として販売しております。

  • 静電気対策・クリーンルームでも使用可能!

    静電対策用プラダンとして導電性プラダン(106Ω以下)と持続性帯電防止プラダン(1011~13Ω以下)・導電性緩衝材を用意しております。
    導電性、持続性帯電防止のプラダンシート(静電対策)を用いることで、帯電しにくく、静電気を帯びにくい箱を作ることができます。
    電気を嫌う電子部品や半導体の箱として最適です。



ページのトップへ戻る