プラダン用語集

環境・物流用語

共同配送

複数の荷主が共同でトラックを使うことを共同配送と呼びます。
これにより輸送の効率化(コスト削減、CO2削減)を図ることができるため、 路線便などで一般的に行われている配送方法です。
少量の貨物をばらばらに配送すると輸送費がかさんで配送効率が低下するばかりでなく、道路交通の混雑が増大します。 そのため、荷主や輸送業者にとって輸送効率を上げる一方、道路交通の混雑を避けるため、各運送会社が共同配送を一般化させていきました。

弊社でも運送コストの削減、CO2排出抑制のために 出荷商品の一部は路線便での共同配送にて出荷しております。

written by satou



ページのトップへ戻る