1. ホーム
  2. プラダンへの各加工について
  3. プラダン同士の固定にはどんな方法がありますか?

Q&A よくある質問

プラダンへの各加工について

プラダン同士の固定にはどんな方法がありますか?

A

両面テープや接着剤での固定、鋲(リベット)での固定、超音波溶着での固定があります。

両面テープや接着剤で固定する場合、プラダンはポリプロピレン(PP)が主原料ですので、PPを接着できるものをお選びください。
ホームセンターで市販されている接着剤の例としてコニシボンドのGP100やGPクリアー等ございますが、PPはもともと接着が難しい素材ですので、強固にはくっつきません。

鋲ははじけたりちぎれたりしにくく、強度があります。
鋲は金属製とプラスチック製からお選びいただけますが、金属製の方が強度が高いです。

超音波はシート同士を超音波の熱で接着する方法です。
金属鋲を一切使用しないので、廃棄時には分別の必要がありません。

【超音波溶着について】

お客様がケースをお使いになる場所や方法で、固定方法は変わってきます。
ご相談いただければ、営業担当より最適な固定方法をご提案させていただきます。



ページのトップへ戻る