1. ホーム
  2. 加工・機械
  3. 鋲留め加工

加工・機械【鋲留め加工】

プラダンの鋲留め機には金属鋲と樹脂鋲の2タイプがあります。金属鋲は丈夫でプラダンケースには最も標準的な留め方です。 樹脂鋲はプラダンと同じ樹脂ポリプロピレン製(PP)です。異素材を使わずオールPPでケースを作れるので最終廃棄時に処理負担が少なく、環境への負荷を軽減する製品です。また、超音波接着機というタイプもあります。こちらは超音波で樹脂を溶かし、接着するもので、鋲自体が不要な加工方法です。

金属鋲留め機

プラダンシートに金属鋲を打ち込み、貫通した鋲の先端をカールさせることによってシートを接合します。一本の金属鋲のみでシートをかしめる(結合する)ため、高い強度を持ったケースを作製する事ができます。

加工内容 のり代を金属鋲でつなぐ
加工サイズ アーム高1300mm アーム長さ1100mm
加工材質 プラダン、樹脂板

特徴

鋲の先端がカールしてカシまるので、弾けたりちぎれたりする事がありません。

超音波接着機(超音波リベッター)

超音波振動により樹脂シートを融点までスポット加熱して溶着し、固定します。
鋲を使わないので鋲のはずれや混入の心配がなく、最終処分時の分別も不要になります。

加工内容 超音波を照射してスポット融着する
加工サイズ アーム高1500mm アーム長さ1500mm
加工材質 プラダン、樹脂板

特徴

鋲を使わないスポット溶着

鋲の先端がカールしてカシまるので弾けたり、ちぎれたりする事がなく強度もあります。

鋲扶養の接着なので留め部のでっぱりなし

鋲留めは鋲頭が若干出っ張りますが、超音波は出っ張らないので物が引っかかりません。

PP鋲留め機

加工内容 のり代を樹脂鋲でつなぐ
加工サイズ アーム高 1050mm アーム長さ 900mm
加工材質 プラダン、樹脂板

特徴

大きさ

PP鋲はプラダンと同じポリプロピレンでできています。PP鋲を使用することで、単一樹脂のケースとなり廃棄時に分別が不要になります。

事例プラダンC式 PP鋲留め

表と裏の両方からしっかりと留めています。



ページのトップへ戻る